コラム

周年太郎を運営する広告企画制作会社のテーマソングを作ってみた! <社歌サンプル曲公開・第2弾!>

投稿日:2019年6月25日 更新日:

「社歌」というと、どうしても学校の校歌や一昔前の唱歌のような古くさいものをイメージされる方も多いと思いますが、周年太郎が考える新しい「社歌」は、「応援歌」あるいはその企業の「テーマソング」「イメージソング」のようなもの。社員の頑張りを応援する、社員が元気になれる。あるいは社員から「そうそう」「あるある」といった共感を得られる楽曲です。

前回のコラムで周年太郎が考える社歌のサンプル曲をいくつか公開中ですが、特に特定の業種や企業を想定したものではありませんでした。そこで、今回は新たに特定の業種を想定してサンプル曲を制作してみました。それが、私たち周年太郎を運営する広告企画制作会社自身を想定したテーマソングです。

現代はインターネットの進化のおかげで、企業がテレビやラジオなどのメディアを使わなくても、WebサイトやSNS上で自社の広報活動をマルチに展開できる時代。そんな中で自社の会社紹介映像やWeb動画を作る際に、BGMとしても使える自社のテーマソング(コマーシャルソング的な)をイメージして、制作してみました。

できるコミュニケーション 粋なプロモーション

広告会社ならではの「あるある」ネタや、業界特有の専門用語が歌詞の中に散りばめられた歌詞で、常に競合会社とのコンペにさらされたり、どんでん返しにあったり、バズやアクセスやコンバージョンを思わず神様に祈ったりなど、悲喜こもごもの日常業務の中で、それでもくじけず、投げ出さず、諦めないで仕事に食らいつく、そんな自虐的で情熱的な広告マンたちの姿を、ダンサブルなファンクサウンドに乗せてお届けします。

-コラム
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

関連記事

いまさら人に聞けない!周年事業の基礎知識。<はじめに>

自社の周年事業の担当を命ぜられたものの、実は周年事業のことについてそれほど精通しているわけではない。予算は?人員は?企画は?スケジュールは?・・・積み上げられた課題の何から手をつければ良いかもわからな …

いまさら人に聞けない!周年事業の基礎知識。<行事から事業へ。変わりゆく周年のあり方>

周年事業とは、企業の創業や設立から起算して 10 周年、50 周年、100 周年など、定期的に開催される企業イベントの一つです。 従来は、これまで歩んできた道のりを再確認し、社員や取引先などに感謝を表 …

社員の心をつなぐコミュニケーションツール。周年事業の企画として注目される新しい「社歌」のあり方。

あなたの会社に社歌はありますか? ああそういえばあったかも、という会社や、ウチにはそんなものないよ、という会社、ウチは毎日朝礼の時に歌っているよ、という会社など、様々でしょう。 そもそも社歌と聞くと、 …

一つの周年は、次の周年に向けた序章。 <周年を「点」ではなく「線」で結ぶ、“周年ロードマップ”>

周年事業は、文字通り企業の創業・設立からの節目に行う事業です。 では、何周年の時に実施すれば良いのでしょうか?50周年や100周年という大きな数字の節目にだけやればやれば良いのでしょうか?あるいは、1 …

いまさら人に聞けない!周年事業の基礎知識。<周年事業のスケール・目的・メニュー>

周年事業の実施規模は「誰を対象とするか」という点によって、社内だけを対象としたレベルから、顧客や取引先を対象としたレベル、 さらに広く市場全体や社会を対象としたレベルまで、様々なスケールが考えられます …