コラム

周年太郎が考える新しい社歌・応援歌。<サンプル曲公開!>

投稿日:2019年6月18日 更新日:

現在、周年太郎のサイトのトップページにて、オリジナル社歌のサンプル曲のショートバージョンを2曲、公開していますが、全体の雰囲気を知りたい、という声にお応えし、他のサンプル曲も含めて4曲のフルバージョンを公開いたします。

社歌・応援歌のポイントは、何よりもまず歌詞が「ポジティブ」であること。また全体的にメロディーやアレンジの「聴き心地」が良く、比較的歌いやすい、または覚えやすく、耳に残るフレーズがある、という点です。

ちなみに今回こちらで公開するのは、いわゆる昔からあるゴリゴリの「社歌」というイメージの楽曲ではなく、比較的ポップな楽曲で、具体的な業務内容が出てきたり社名を連呼したり、というようなものではありません。どちらかというと、働く社員の方たちの「応援ソング」というイメージで、J-POP的な歌詞内容やアレンジを意識しています。

これらはほんの一例であり、周年太郎では、ご要望にあわせて様々なイメージの楽曲を制作いたしますので、ご依頼の際にはぜひお気軽にご要望をご相談ください。また、こちらで公開する楽曲はあくまでサンプル用に制作したオリジナル曲で、特定の企業様をイメージして制作したものではありませんが、もしお気に召していただけた企業様がございましたら、周年太郎事務局までご相談ください!

あしたの君へ

仲間との絆をテーマにした応援歌。「君」=いつも一緒に未来を見つめ、一緒に頑張っている職場の仲間。そんな「君」にもっと素晴らしい「あした」がやってくることを願うと共に、力を合わせて、誰かの夢を飾ったり、誰かの花を咲かせたりすることを喜び合う歌詞です。Aメロで繰り返す「あした」のフレーズが印象的で、明るくポップなリズム&メロディーラインとも相まって、覚えやすく耳に残る楽曲に仕上がっています。

君とともにこの詩をつなごう

仲間との絆をテーマにした応援歌。迷いや弱さを恥じることなく、時には傷ついたりすることに負けないで、仲間を信頼し、支え合い、勇気と誇りをもって共に困難を乗り越えていこうと呼びかける歌詞で、リズミカルなマーチ風のサウンドに乗せて流れるポジティブな歌詞に、高校野球の行進曲にも似合いそうな、つい顔を上げ胸を張って前に進みたくなるような楽曲に仕上げました。

Someday we will

自分との戦いをテーマにした応援歌。理想と現実の狭間で葛藤したり、夢に破れかけたり、過ちを繰り返したりしながらも、夢を諦めず、くじけず、自分を奮起させ、明日に向かって走り続ける。そんなタフで熱い魂の叫びを、アニメの主題歌にもありそうな、疾走感溢れる8ビートのロックチューンとして仕上げました。

あした天気になあれ

企業の周年を「誕生日」にたとえたお祝いソング。企業を一人の人間にたとえ、その誕生日(=周年記念日)に贈るお祝いのメッセージソングとしての形を取っています。ちょっと懐かしいフォークソング風のメロディーラインで、どなたでも覚えやすく歌いやすいピアノバラード曲として仕上げました。周年を迎える全ての企業に捧げる歌として作られていますが、もちろん企業の周年にとどまらず、誰かの誕生日ソングとしても使えます。

-コラム
-, , , , , , , , , , , , , ,

関連記事

いまさら人に聞けない!周年事業の基礎知識。<周年事業の進め方・実施編>

さぁ、計画通りに準備も順調に推進し、いよいよ周年当年がやってきました。周年事業として企画した各施策を、実行に移す段階です。 この段階で最も大切なことは、「社員の参加意識を高める」ことです。「周年と言っ …

企業の周年か商品の周年か?課題解決型か祝事型か?<目的別に考える周年事業タイプ一覧>

「周年事業の基礎知識」の記事でも触れていますが、周年事業を計画・推進する上でまずはじめに考えなければならないのは、その「方向性」です。何を目的に、誰を対象に、どんなテーマで、どのようなゴールを目指すの …

いまさら人に聞けない!周年事業の基礎知識。<周年事業の進め方・準備〜計画編>

あなたの会社の周年記念はいつですか? 「ウチの会社の50周年はまだ2年も先の話だし、まだ慌てなくても大丈夫だろう」と、楽観的にお考えだったりしないでしょうか? 5周年や10周年ならいざ知らず、50 周 …

いまさら人に聞けない!周年事業の基礎知識。<周年事業の進め方・周年後編>

周年事業を一過性の「行事」ではなく、持続可能な経営戦略上の「事業」として成立させるためには、周年当年が終わった後の取り組みも忘れてはなりません。 そのために重要なキーワードは「検証」と「継続」です。 …

いまさら人に聞けない!周年事業の基礎知識。<周年事業の3つの効果と5つの意義>

前回のコラムでも触れましたが、「企業のさらなる成長を促すために、変化や変革を起こす絶好の機会として活用しよう」という企業が増えています。 なぜ「周年が変化や変革を起こす絶好の機会」なのでしょうか? 理 …